投資で税金が発生するタイミング

 

投資において、税金が発生するのは

商品の売却時
利益獲得時

などです。

税金が発生

特に、配当金や分配金は口座に振り込まれるタイミングで課税されます。
ただ、近年では自動で税金を引いてもらえるサービスが利用でき、確定申告の必要をなくすこともできます。

また、特に設定がなければ自動で税金は引かれていますので、安心です。

商品売却時に、利益が発生していた場合については、利益が確定してから税金がかかります。
つまり、株式などの価格が伸び利益が出ていたとしても、売るまで税金がかかりません。

 

 ただ一方で、基本売却益は自動計算してもらい徴収してもらうことは出来ないため、自分で計算し確定申告する必要があります。

 

確定申告するには

購入金額
売却金額

以上2つの把握が必要であり、利益額の正確な把握が必要です。

確定申告

特に積み立て型の投資では、手続きが少し面倒になりやすいので注意してください。

(※近年では、特定口座と呼ばれる「税を自動で引く口座」を用意している証券会社もあります。そのため、確定申告が不要になる場合もあることを押さえておきましょう。)