国内株式の特徴

 

株式の中でも、日本国内の証券取引所に上場している企業の株式を国内株式と呼びます。

国内株式は、聞きなじみのある大手企業の物が多いため、どの程度安定しているのかなどが素人目にもわかりやすいです。

株式投資のメリット
具体的には、

✓ トヨタ自動車
✓ ソニー

といった企業などが安定していることはよく知られています。

 

また、こうした大企業の動向はニュースで取り上げられたり、ネットで話題になったりと、情報を目にする機会が多めです。
そのため、比較的企業動向を追いやすく読み違う可能性は少なく済みます。

また、国内の投資家目線で見た場合、海外の株式市場と異なり時差がないため、売買がしやすいことも特徴。
加えて、取引する際の通貨が円なので、国内株式は取引しやすいです。

 

ただ注意点があるとすれば、国内株式の購入はある程度まとまった数での取引しかできない点です。

基本的に国内株式は銘柄ごとに売買単位が決まっており、100株単位から購入可能というのが一般的。

 

 最近では1株ずつ購入できる企業が増えてきているものの、ほしい株がある際は事前にチェックしておきましょう。